ニキビケア

ニキビケアに有効なこと

ニキビケアに有効なこととして、間違ったスキンケアを正すことが大切です。

洗い過ぎは肌の乾燥や角質を傷つけるので注意が必要です。保湿ケアとしての水分の与えすぎも角質がふやけて角層が乱れることで乾燥を引き起こしますし、ニキビ部分もふやけてつぶれやすくなって跡が残りやすくなります。

また、髪をかきあげたり、口に手を当てるなどの触り癖で、肌が刺激され角層の乱れを招き、ニキビの原因になることがあります。

間違ったスキンケアや触り癖をやめることで、肌表面の炎症は2〜3週間で軽快しますが、炎症は毛穴の奥に残り、毛穴が開くまで時間がかかるので、皮膚科を受診して薬などで炎症を抑え、気長に続けることが必要です。

ニキビケア対策として、乾燥を防ぎ肌バリア機能を整えるものを使用し、とろみや保湿成分、美容成分が多すぎるものは使用せずに、アクネラインのものを選ぶことをオススメします。

他にもニキビケアに必要なこととして、ニキビのできにくい食生活やメイク、睡眠不足に気をつけるなど普段の生活習慣を見直すことも大切です。

ニキビケアに大事なことメニュー