ニキビケア

ニキビとケア方法について

ニキビは特に思春期のホルモンバランスが乱れやすい時期に出来やすいと言われており、医学的には尋常正座層や座層などと呼ばれております。

ニキビが出来てしまう原因としては、毛穴がホルモンや細菌や皮脂の相互作用によって炎症を起こしてしまうことが考えられております。

そのため、皮脂が多く分泌される皮脂腺の多い箇所にニキビが出来やすいのです。ニキビケアとして汗をかいたまま放置したりせずに、お肌を清潔に保つように心がけましょう。

毛穴に詰まってしまった乾いた皮脂や角質は黒ニキビと呼ばれており、毛穴が開いて見えてしまいます。

毛穴が閉じている状態の白ニキビなどから赤いニキビへと悪化してしまうのは、ブドウ球菌と同様に皮膚に存在している皮膚常在菌であるアクネ菌が影響していると言われております。

ニキビの原因となるアクネ菌は、皮脂腺の奥に生息しており皮脂などを栄養として増殖しますので、スキンケアを怠らずターンオーバーが上手く働くように規則正しい生活をしましょう。

ニキビケアに大事なことメニュー